合同説明会で女子はパンツ??スカート??どちらが良い?

就活も本格化してきて人事の皆様がお忙しくなってきております。本日は就職活動をはじめた女性の就活生の皆様からよくいただく「合同説明会や面接ではパンツスーツとスカートどっちがいいの??」という質問について答えていきます。

スカートを着ている女性は「女性らしさ」「愛嬌」といった女性らしい印象を与える事ができます。
事務や受付などで対応してくれる女性のイメージが強いです。
主に大手の会社や歴史のある企業ではスカートを履いていった方が良い印象です。
やはり、女性だからこそ出来る仕事や面接でも女性らしさをアピールすることが出来るため、
パンツスーツとは相手に与える印象が変わってきます。

こちらも余談ですがWEB上のアンケートで約7割の採用担当者がパンツスーツよりも「スカートの方が就活に有利!」
といったアンケートがございますが特に参考にする必要はないかと存じます。

という理由も、、、、続きをどうぞ

3 パンツスーツでもスカートでもどっちでも良い!

約7割の採用担当者がパンツスーツよりも「スカートの方が就活に有利!」といったアンケートがございますが特に参考にする必要はないです。
なぜなら合同説明会や面接では必ず人事の採用担当者がいます。

彼らに自分がどのような印象を与えたいかによってスカートにするかパンツスーツにするか判断してください。
もしあなたがバリバリの営業で働きたいのであればパンツスーツをおすすめしますし、老舗企業で働きたいのであればパンツをお奨めします。
つまり、どちらが良いかというのはケースバイケースで一概にお答えすることができません。

そのため、アンケートなどを気にせずに合同説明会で来る企業や面接で受ける企業の社風を調べ、
働いている女性社員の服装を意識することが良いかと存じます。

より詳細に伝えると入社した企業の入りたい部署の女性の服装を調べることが良いかと存じます。

このように自分の入社したい企業に合わせてパンツスーツやスカートを選んでみてはいかがでしょうか

この記事に関するキーワード

  • 基礎知識