就活の履歴書はどこで買える?履歴書を買うときの注意点

就活生にとって、必要不可欠なのが履歴書。業種や職種に関係なく、選考を受けるためには履歴書を用意しなければいけません。書類選考を導入している企業がほとんどなので、履歴書を作成する際は、しっかりと内容を練りこんでおくことが求められます。ここで肝心なのは、履歴書はどこで購入できるのかということです。履歴書とひと口に言っても、さまざまな種類が売られているので、どこでどういった履歴書を購入すれば良いのでしょうか。そこで今回は、履歴書の購入場所や購入時の注意点を解説していきます。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

目次

就活用の履歴書はどこで買える?

就活用の履歴書はどこで買える?

近年はパソコンで作成したデータの提出を求める企業も増えてきましたが、まだまだ手書きの履歴書を郵送することが主流であるため、履歴書の準備は欠かせません。それでは就活で使う履歴書は、どこで買えばいいのでしょうか。最初にある程度の枚数を用意していたとしても、数十社に履歴書を送付することもあるでしょう。そうなれば、提出期限間近になって履歴書が足りなくなることも十分に考えられます。直前になって焦ってしまわないように、履歴書が購入できる場所を把握しておくことが大切です。

履歴書は、私たちが日常的に利用しているお店で販売されています。しかし、すべての履歴書が同じというわけではありません。お店によって履歴書の記入欄や項目が違うことがあり、その特徴についてもしっかりと把握しておくことが必要です。

大学の購買

就活用の履歴書としておすすめしたいのが、大学の購買で販売されている履歴書です。理由としては就活に必要な項目が記載されているということが挙げられます。ゼミでの研究内容など、大学生が就活をするために作られた履歴書なので、きちんと書き込めば大きなアピールになるはずです。また就活生らしさが出ることも、理由の一つとして考えられます。購買で販売されている履歴書は大学指定であることがほとんどなので、採用担当者へ不信感をもたれることもありません。

文房具店

書店や文房具店であれば、規模の大小に関係なく基本的に履歴書が販売されています。これらのお店で履歴書を購入するメリットとしては、品数や種類が豊富に取り揃えられていることです。ただし販売されている履歴書によっては、記入欄や項目の内容が多少異なってきますので、なにをアピールしたいのかを考えて履歴書を選びましょう。ただし、転職やアルバイト用なども販売されているため、それらを購入しないように注意が必要です。

コンビニ

夜遅くに突然履歴書が必要になることもあります。翌朝までに履歴書が必要だが書店は閉まっている。そんな時に便利なのが、24時間営業しているコンビニです。大手チェーンのコンビニであれば、大抵の店舗では履歴書が販売されています。しかし、コンビニで履歴書を購入するのは緊急時だけにしておきましょう。コンビニで販売されている履歴書は種類が限られているからです。サイズが合わなかったり、項目がシンプルすぎたりしてしまい、就活には不向きである可能性があるからです。

100円SHOP・ネットショッピング

就活中はアルバイトを優先することが難しく、できるだけ節約したいと考えている人も少なくないでしょう。履歴書のコストを少しでも抑えるために、100円SHOPでも購入することができます。しかしコンビニと同様に、履歴書の種類が限定されていますので、注意が必要です。また、インターネットであれば、自分の書きやすい履歴書が見つかるかもしれませんが、実際に手に取って確認できないというデメリットもあります。インターネットで購入する際は、サイズや規格、封筒の大きさなど、商品の詳細は忘れずに確認してください。

履歴書の購入時の注意点

履歴書の購入時の注意点

就活で使用する履歴書は、色々な店舗で購入することができますが、履歴書であればどれを使っても良いというわけではありません。それでは、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。履歴書を購入する際の注意点について、3つのポイントに分けて解説していきます。

企業指定の場合がある

企業によってはフォーマットやサイズなど、使用する履歴書を指定している場合があります。基本的には専用のウェブページからダウンロードする形式を取っており、記入欄や項目の内容も一般で販売されている履歴書とは異なることがほとんどです。そのためどれだけ履歴書の内容が良くても、指定以外の履歴書を提出すれば不採用となることもあるので、事前に履歴書の指定がないかを確認しておくことが大切です。

A4サイズを選ぶ

履歴書のサイズは、A4サイズとB5サイズの2種類に分けられます。企業からの指定がなければ、どちらのサイズを使用しても問題ありませんが、採用担当者が読みやすく、B5サイズに比べて項目などの内容も充実するA4サイズの使用をおすすめします。またビジネスシーンではA4サイズの書類が使われることが多く、企業で履歴書の管理がしやすいというメリットも挙げられます。A4サイズの履歴書を使用した場合、折らずに入れることのできる角形2号の白い封筒を使用してください。また、クリアファイルに挟んでおくことも忘れずに。

履歴書の規格に注意する

履歴書の規格はさまざまで、それぞれに特徴があり規格によって記入する項目内容も変わってきます。そのため、用途に合わせた履歴書を使用しなければいけません。具体的には、「JIS規格」「一般用」「転職用」「パート/アルバイト用」の4つに分けられます。就活生は、JIS規格のものか一般用の履歴書を使用してください。反対に、転職用やパート/アルバイト用といったもので書いてしまうと必要な情報が伝わりませんし、アピール力が乏しくなることからも選考においては大きく不利になってしまうことが考えられます。

規格を選ぶときのポイント

規格を選ぶときのポイント

就活生が使用する履歴書の規格は、JIS規格か一般用のどちらかです。企業からの指定がなければ、どちらを使用しても問題ありません。しかし、それぞれの規格には特徴があります。その特徴を理解した上で、どちらの履歴書を購入するかの判断ポイントを見分けていきましょう。

学歴や経歴重視したいときはJIS規格を選ぶ

JIS規格(正式名称:日本工業規格)は、全国で統一されている履歴書のフォーマットです。JIS規格の履歴書は、学歴や職歴などの記入欄が広く取られています。そのため、新卒で使用するというよりは、転職活用で活用されることが多くなります。ただし、就活生の中でも、留学経験者など複数の学歴をアピールしたい人もいるでしょう。

そのような場合は、一般用よりもJIS規格の履歴書の方が向いていると言えます。ただし、記入することが少ないと、履歴書の内容としては少し足りないと感じてしまうかもしれません。また、免許や資格欄も広めに取られています。学生時代にTOEICや宅地建物取引士、通関士、旅行業務取扱管理者などの資格取得に励んできた人も少なくないはずです。自己PR欄には書き切れないボリュームがある場合は、JIS規格の履歴書をおすすめします。

自己アピールしたいときは一般用を選ぶ

記入内容が少なく空白が多くなってしまうと、魅力的な履歴書と感じ取ってもらえない可能性も出てきます。特に学歴や資格をアピールしたいわけでなければ、一般用の履歴書がおすすめです。一般用の履歴書は、学歴などの記入欄が少ない代わりに、自己PR欄が広く取られています。就活生は転職者とは異なり、社会で求められるスキルや資格は、これから身に付けていく人も少なくないでしょう。自己PR欄だけでなく、志望動機や趣味、特技などを書く欄が設けられている一般用の履歴書であれば、学生らしいアピールをすることができます。

まとめ

就活で使用する履歴書は色々なお店で購入することができますが、その中でも大学の購買で販売されているものがおすすめです。学生が就活で使用するために作られたものであり、企業に良い印象を与えられる履歴書が販売されているからです。また就活でエントリーをする数はその時々で変わってくるので、余裕があればまとめて大学の購買部で購入しておきましょう。

この記事に関するキーワード

  • ES対策
  • マナー
  • 就活
  • 自己分析