【インターン編】インターンシップにふさわしいメイクをお教えします!

インターンシップに参加をするときは、気をつけなくてはいけないことがあります。

女性はお化粧もするかと思いますが、日頃しているようなお化粧は避けたほうが良いでしょう。

はじめは目立たないようにと落ち着いたメイクをしていたのに、数日経つにつれてメイクが濃くなる方もいます。

しかしあくまでインターンシップということを忘れずに、初心にかえってみましょう。

■大人しいメイクをしよう

インターンシップに行くに服装が指定されることがありますが、企業によっても様々です。

「スーツで来て欲しい」「私服で良い」などの指定があるので気をつけましょう。

社員の制服がある企業はスーツ、社員が私服の場合は私服で良いと言われる傾向もあります。

スーツを着ると自然に大人しいメイクにしようと思うかもしれませんが、私服ですとつい気を抜いてしまうこともあるのではないでしょうか。

服に合わせたメイクをしてしまい、オフィスにはそぐわないメイクになることもあるかもしれませんし、

社員が派手なメイクをしていたから、きっと派手なメイクをしても怒られないだろうと思うかもしれません。

しかしあくまでインターンシップに参加をしていることを忘れず、場に合わせたメイクをするようにしましょう。

派手なメイクをしていると学生気分が抜けていない、社会人になるという自覚はあるのかと見られる可能性もあるので注意をしましょう。


■取引先の企業にお邪魔することもあります

インターンシップ中の日程や内容は企業によっても違いますが、時には取引先の企業にお邪魔することもあります。

取引先の企業からは、インターンシップに参加しいてる学生は誰かということは分かりません。

そのため、派手すぎるメイクは避けたほうが良いでしょう。

大学へ行く時と同じメイクで良いやと、思う方もいらっしゃるでしょう。

しかしいつ誰に見られているか分かりませんし、どのような印象を受けられるか分かりません。


■自然に見えるメイクをしよう

インターンシップに参加をする際のメイクは、自身を強調しないように気をつければ問題ないでしょう。

眉毛は細すぎないように、目を大きく見せようとアイシャドウやアイラインをたくさん塗らないように、濃いチークは避けるなど方法はあります。

メイクをしてはいけないということではなく、自然でナチュラルに見えるように工夫をすれば問題はありません。

メイク1つ気をつけるだけで、社員から注意をされ、変に目をつけられる可能性も減ります。

服装だけではなくメイクにも気を配り、インターンシップに参加するようにしましょう。