笑顔を自己PRでアピールしようと考えている方へ|例文から伝え方まで大公開

笑顔はその場の雰囲気を明るくしたり、その人の柔らかい人柄を物語ったりします。いつも笑っている人というのは、それだけで魅力があり、まさに長所と呼ぶに相応しい要素です。

 

しかし、就活の自己PRでアピール材料に笑顔を使うとなると、どうしても他のものに比べて弱く映ります。また、笑顔を仕事や会社の特色に結びつけるのは難しいかもしれません。

 

では、笑顔は自己PRには活かせないのかといえば、笑顔も伝え方次第で十分自己PRに使える題材となり得ます。笑顔を自己PRに活かす方法を詳しく解説していきます。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

目次

どうして採用試験において自己PRが問われるのか

どうして採用試験において自己PRが問われるのか

笑顔を自己PRにしようとする前に、まず採用試験における自己PRの意味を理解しておく必要があります。なぜ企業側が自己PRを求めているのかを知ることで、より効果的に自分をアピールしていけるからです。

 

採用試験において自己PRは一番重要なポイントだと言えます。なぜなら、自己PRは企業が最も知りたいことを知れる手段だからです。企業が選考を通して知りたがっているのは、「その人が入社して活躍できるかどうか」です。就活生は多くの場合、社会人として仕事をした経験がありません。その人が自社の仕事に向いているかどうかは、選考で見える人柄から判断するしかないのです。

 

その判断で役に立つのが、自分の強みを語った自己PRです。その人の強みがわかれば、どういった形で会社に貢献してくれるかの見当をつけることができます。人柄を判断する要素は自己PRだけではありませんが、他の要素と比べると仕事への結びつきが最も強いと言えるのです。

笑顔を自己PRに使えるかどうかは職場による

自己PRに使う内容は仕事で活かせるものにする必要があります。これを踏まえると、笑顔が自己PRに有効でない場合も多々出てきます。接客や営業など人と接することが仕事の場合が別ですが、笑顔が仕事上のスキルには直接影響しないこともあるのです。

 

つまり、個人のスキルが要求されるような仕事で強みとして笑顔を押すことは、他の就活生に後れを取ってしまう可能性があるということです。もちろん周囲の雰囲気を和らげるという点はアピールポイントになりますが、スキルの取得に積極的な人などと比べると見劣りしてしまうことはやむを得ないでしょう。

 

笑顔を自己PRの題材にする場合は、その伝え方にひと工夫必要になります。

自己PRで笑顔を伝えた際の例文

自己PRで笑顔を伝えた際の例文

笑顔を使った自己PRの作成は、実はなかなか難しいのです。しかし、逆にいえば難しい題材でインパクトのある文章を作れるのなら、それ自体が評価に繋がります。ここでは笑顔を題材にした自己PRの例文をいくつか紹介します。あくまで一例ではありますが、自己PR作りの参考にしてみてください。

 

例文その1

私は持ち前の笑顔で周りを明るい気持ちにすることができます。私は元々笑顔に自信があったわけではありません。しかし1年間のアメリカ留学を通して、笑顔が自分の強みだということに気付きました。

 

留学当初、私は英語がそれほど得意ではなかったこともあり、どうやってルームメイトとコミュニケーションを取るべきかと悩んだことがありました。しかしその想いとは裏腹に、ルームメイトとは初日から馴染むことができたのです。

 

言葉はほとんど通じていないのにも関わらず、彼は「○○は話さなくても優しい人だとわかる。君の笑顔は周りを明るくさせる」といってくれました。これには態度や表情には、言葉よりも伝わるものがあるのだと感じさせられました。

 

そして態度や表情は言葉とは違い、本心が如実に出るものだと思っております。私は御社でお仕事をさせていただく上でも、お客様への対応に心から親身になって取り組めることをお約束します。

 

例文その2

私はどんな困難にも屈せず、笑って乗り切れる前向きさを持っています。私は学生時代マラソンに参加したことがあるのですが、初めての経験だったこともあり、マラソンの想像以上の過酷さに驚かされました。

 

途中何度もやっぱり走り切るのは無理だと投げ出したくなりましたが、その感情を表情には表さないよう走ることに努めました。結果無事マラソンを走り切ることができ、周りからは「初めて走るのに終始笑顔で走ってるのがすごいと思った」という言葉をいただけました。

 

この経験は自分なら困難にぶつかることがあっても、前向きに乗り越えていくことができる自信となりました。御社でお仕事をさせていただくにあたっても、慣れないうちは困難もあるかと存じます。それらも前向きに克服し、必ず御社に貢献してみせます。

笑顔を自己PRで伝える際に一体何を意識する必要があるか

笑顔を自己PRで伝える際に一体何を意識する必要があるか

例文を見てきましたが、このように笑顔を題材にした自己PRをする際には意識しておくべきことがあります。自己PR文を作成するとき、実際に面接で話すときも踏まえて、いくつかポイントを見ていきましょう。これらを意識するだけで、自己PRグッと伝わりやすくなるはずです。

 

笑顔を一体何に活かしたのか

笑顔をアピールポイントにする際に大切なのは、笑顔がどういう場面で活きたのかという具体的なエピソードです。役に立った実例もなしに「笑顔が強みです」と言われても、説得力はありません。ヒントになるのは、笑顔や元気の良さを褒められた経験、笑顔でいることを心掛けるようになったきっかけです。

 

笑顔を自己PRに使おうと考えている人というのは、少なからずそういった経験をしているものです。自分自身の今までを振り返って、使えるエピソードがないか探してみましょう。

 

コミュニケーションが円滑に行えたかどうか

コミュニケーションが上手く取れない人に「笑顔が強みです」と言われるのも、説得力はありません。そのため、コミュニケーションに苦手意識がある場合、笑顔を自己PRの題材にしてしまうと、言っていることに整合性がないという印象を与えてしまいます。

 

自己PRの題材は、その人の人となりを表すものでないといけません。一貫性が大切なため、自分の性格にそぐわないイメージがあるものをアピールポイントにするのは避けるべきです。

 

仕事等の結果につながったかどうか

笑顔がどういった場面に活きたかに近いニュアンスですが、それが仕事の結果に表れているのなら、仕事をする上で役立つというより確かな根拠になります。就活生の場合は、アルバイトで何か成果があったのなら、ぜひエピソードに取り上げてみましょう。

 

アルバイトは社会人を疑似体験しているようなものなので、自己PRにも利用しやすいのでおすすめです。学生の本分は勉強とはいいますが、アルバイトが就活に活きることは大いにあるのです。

 

面接を受ける際の表情

面接では緊張してしまいますが、笑顔をアピールポイントにしている人の表情が固くてはその強みは伝わりません。面接官は、本当に笑顔が強みの人なら緊張している場面でも自然に朗らかな表情が浮かんでくるはず、と考えます。笑顔を一番の強みとしてアピールするのであれば、どんな場合でも笑顔でいることを心がけましょう。

 

また、表情に気を配るのは自己PRを話しているときだけに限りません。面接官は部屋に入ってから出ていくまで、その人の様子をじっと観察しています。気を抜かず、常に目を向けられていることを意識しましょう。

面接で一体何を伝えると良いのか

面接で一体何を伝えると良いのか

エントリーシートでは自己PRを一方的に書くだけですが、面接ではその自己PRに対して面接官が質問してくることになります。質問を想定して、準備しておきましょう。本番で言葉に詰まるのは印象が良くありません。面接でどんな対応をすれば良いのかを押さえておいて、笑顔が自分の強みだとしっかり伝えましょう。

 

笑顔を使って今後どのような働きかけを行っていくか

強みを活かして今後どんな行動をしていくかは、その人の人柄を知るにはうってつけの質問です。笑顔を結びつけて自己PRに盛り込んでいきましょう。

 

例えば、「とっつきやすい雰囲気を活かして、自分の後輩ができたときにも率先して教育係を行う」「すぐに場に馴染めると思うので、様々な会社の営業にどんどん乗り込む」などです。

 

これを踏まえると笑顔は協調性にも、積極性にも通じるものがあることがわかります。

 

どうして笑顔が仕事を行う上で強みになってくるのか

なぜ仕事を行う上で強みになるのか、企業の特色と関連付けて考えておく必要があります。笑顔は協調性、積極性などに幅広く通じる言葉なので、企業ごとに自己PRを作り直すにしても応用が効きます。

 

日頃から仕事のどういった場面で自分の笑顔が強みを発揮するのかに気を配っておくようにしましょう。理由をたくさん考えておけば、面接で想定外の質問にあっても臨機応変に対応できます。

 

一貫性のある発言

面接ではたくさんの質問をされるので、想定外の質問をされることも珍しくありません。その場で考えて答えるとぎこちないものになってしまいがちですが、どのような場合も一貫性だけは意識しておいてください。

 

笑顔をアピールポイントにする人が、あまりそのイメージからかけ離れた受け答えをしていると、矛盾しているような印象を持たれてしまいます。

 

笑顔以外の長所

笑顔以外の長所もいくつか考えておくようにしましょう。長所に笑顔をアピールした場合、さらに掘り下げた話を聞かれることがあるからです。

 

ただし、笑顔以外の長所と言っても、あまり笑顔から離れるのは良くありません。例えば、「前向き」などの笑顔を活かした長所であることが大切です。まったく別の長所を挙げるのではなく、笑顔に関連したポイントを挙げることで、より自分のことを具体的にイメージしてもらうことができます。

自己PRを成功させるために押さえておきたいこと

自己PRを成功させるために押さえておきたいこと

笑顔を使った自己PRを上手く行うためには、やはり日ごろからの笑顔に対する意識が大切です。元々強みにしていることだから、今さら意識する必要はないという人もいるかもしれません。しかし、どんな場合にも対応できるように、また強みをさらに効果的にアピールできるように、気になったものがあれば試してみてはどうでしょうか。

 

笑顔に関するセミナーを利用する

インターネットで検索すれば、素敵な笑顔を作るためのセミナーが様々なところで行われていることがわかります。やはり、それだけ笑顔には人を惹き付ける力があるのです。

 

セミナーを主宰するぐらいですから、教えてくれるのは笑顔のプロです。笑顔に自信のある人も、一度プロの指導を受けてみることで思わぬ発見が得られるかもしれません。

 

自然に笑顔が出る様トレーニングを行う

自分では強みだと思っていても、実は自分の笑顔をしっかり見たことがないという人も多いのではないでしょうか。鏡の前で笑うことは、意識していないとなかなかしないことなのです。

 

一日一回でも鏡の前で笑顔を作る習慣を持つと、自分の笑顔への意識も変わっていきます。自分がどんな顔で笑っているのかがわかり、それが想像と違ったりすると直していこうとする意識が働くのです。そのときに、自分が自然だなと思えるような笑顔作りを練習するのが良いでしょう。自分がそう感じた笑顔が、きっとあなたの理想の笑顔だからです。

 

身近な人に自分の表情がどう写っているか聞いてみる

自己分析にも言えることですが、第三者の意見を聞くというのはおすすめです、人は鏡の前では無意識に顔を作っているものなので、客観的な意見を知ることは自分の表情に関しても参考になります。

 

第三者の意見を聞いてみたら、意外と「自分はそんなに笑わない人なんだな」という気づきがあるかもしれません。意見を求める場合は、なるべく近しい関係で遠慮なくものを言ってくれる人を選ぶのが良いでしょう。意にそぐわない意見が出た場合は、新しい自分の発見と捉えるか、理想へ近付けていくためのチャンスと捉えるようにしていきましょう。

 

就活エージェントに自己PRについて相談する

就活エージェントでは、就活に関することなら何でも相談に乗ってくれます。「笑顔を自己PRに使いたい」のような相談も、何人もの就活生と関わってきたエージェントなら、何度となく前例に触れているはずです。

 

あなたの特徴を踏まえて、笑顔を自己PRに使う場合にどういった内容に仕上げるのが良いのかも、事細かにアドバイスしてくれます。やはり悩みを解決するには、方法を知るところから始めるのが一番です。

 

まとめ

まとめ

笑顔はその人の魅力を物語る素敵なアピールポイントです。就活においては、それが企業にとってどうプラスになるのかを考えるのが何より大切になってきます。

 

笑顔はアピールするのが難しい反面、協調性や積極性といった多方面に展開していける可能性を持った言葉でもあります。なにを題材にするにしても、自分次第で伝わり方はどうにでも変えていくことができるのです。

 

自己PR作りに悩んだときは、周囲の人に意見を聞いたり、就活エージェントに相談したりしてみましょう。笑顔の効果的なアピール方法が見えてくるはずです。

この記事に関するキーワード

  • 合同説明会
  • 豆知識