【内定式編】これで安心!内定者懇親会の内容と注意事項

就職活動で内定をもらい、内定式があるまでどう過ごせば良いのかと悩むことがあるでしょう。

面接でも緊張をしたかと思いますが、内定をもらったから終わりということではなく、これから考えていかなくてはいけないことがあります。

まずは内定式や懇親会で恥ずかしい思いをしないように、準備ができることはしておきましょう。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

企業にもよりますが、内定者懇親会では自己紹介をさせられることがほとんどです。

その時に集まる人数にもよりますが、長くても数分程度になりますのでダラダラと自己紹介しないようまとめておきましょう。

第一印象が決まるとも言われているので、良い印象を残せるように事前に何を話すのか考えておくと便利です。

通っている大学や学部や名前を述べ、就職をしたらどんなことを頑張りたいのか、何に貢献をしたいのかすらすら言えると良いでしょう。

その時の状況によって「何分程度で自己紹介をしてください」と指示が出されるので、1分ならこう、2分ならこうと何パターンか考えておくと良いでしょう。

事前に練習もして、当日緊張しないように対策を立てておきましょう。

■先輩社員に質問をしよう

内定者懇親会には採用担当者が来ることも多いですが、そのほかの先輩社員が参加することもあります。

面接の時と同様、先輩社員を見ると緊張してしまうかもしれません。

しかしもう内定が決まっているので、面接の時のように緊張せず話せば問題ありません。

実際の勤務時間はどれぐらいなのか、残業はあるのかなど気になることを聞くチャンスでもあります。

中には何社か内定が決まっており、内定者懇親会に参加をしてからどこに就職をするか決めようと考える方もいらっしゃるでしょう。

先輩社員がもしかしたら直属の上司になるかもしれない、一緒に働く上で気兼ねなく話せるかと考える材料にもなりますので積極的に質問をしましょう。

この記事に関するキーワード

  • 合同説明会
  • 豆知識