OB訪問はどんな服装で行けばいいの?夏でもスーツじゃないといけないの?

OB訪問は自分が志望している企業や業界の先輩に話を聞くことができるため、就活に有益な話を聞くことで、就活を有利に進めることができます。そのため、(→いる?)OBには良い印象を与えたいという学生も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、OB訪問の服装。スーツだと固いと思われるかもしれないですが、カジュアルすぎる服装でOBからの印象が悪くなるのは避けたいですよね。そこで今回の記事では、OB訪問はどんな服装で行けばいいのかについて説明していきます。

目次

OB訪問の服装は決まっている?

OB訪問の服装は決まっている?

OB訪問の服装といえばスーツ、と考えている人もいるかもしれませんが、実はスーツである必要はありません。例えばIT系の企業のなかには、職場でほとんどスーツを着ないため、スーツでOB訪問に行くと注目の的になるなんてことも。そのためOB訪問の服装は、業界や会う人の年齢によって左右されます。たとえば、IT系ではスーツの文化はありませんが、銀行へのOB訪問でカジュアルな服装をすることはほとんどありません。また、OB訪問で会いに行く人が20代の人であれば、お互いにカジュアルな服装でも許されますが、50代の人に会う場合には許されないこともあります。

夏のOB訪問の服装はスーツじゃなくてもいい?

夏のOB訪問の服装はスーツじゃなくてもいい?

OB訪問では基本的に季節は関係ありません。スーツで行かなければいけない企業やOBの場合は、夏でも冬でもスーツを着用するようにしましょう。そしてスーツで行くときに気をつけたいのが、クールビズについてです。クールビズはネクタイを締めなくても良いなど、夏には嬉しい制度ですが、OB訪問の場合は当てはまりません。もちろんOBが「クールビズでいいよ」と言ってくれた場合はネクタイを外しても問題ありませんが、最初から自分が外しているというのは、相手によっては不快な印象を与えます。

私服でOB訪問をするときも、ズボンの長さやシャツの模様には注意しましょう。私服で良いと言われていても、カジュアルすぎる格好や、奇抜な格好は避けましょう。あくまでOBに不快な思いをさせないのが前提です。かっこいい服装ではなく、清潔感のある服装を心がけましょう。

休日にOB訪問をする場合の服装

休日にOB訪問をする場合の服装

OB訪問を平日に行う場合、基本的には会うOBの服装に合わせますが、休日ではどのような服装をすればいいのでしょうか。

一番簡単なのは「メールで事前に聞くこと」です。休日にOBに会うことになり、カフェに行ったら自分だけスーツで浮いてしまうとなると少し恥ずかしいと感じる人もいるのではないでしょうか。そのため、服装については事前にOBに聞いておくことが望ましいと言えます。

万が一、OBが休日もスーツを着て会いにきてくれた場合、学生が私服であるというだけで印象を悪くしてしまう恐れもあります。そのため、まずはメールや電話で当日の服装について尋ねましょう。

またOBと直接連絡が取れない場合は、ひとまずスーツを着ていくと無難でしょう。スーツを着ていれば、少なくとも不快感を与えることはありません。なにを着ていけばわからない方は、一旦スーツを着ることをおすすめします。

知り合いにOB訪問するときの服装はなんでもいい?

知り合いにOB訪問するときの服装はなんでもいい?

OB訪問は、知り合いであればスーツを着る必要がないこともあります。OB訪問での訪問先が会社である場合は、たとえOBが知り合いでもスーツやビジネスカジュアルの私服でいくべきです。

休日に2人でカフェのなかで話す場合は、わざわざスーツである必要はないでしょう。お互いが知り合いの場合は、問題はオフィシャルな場であるか、プライベートな場であるかです。そのため、常に「スーツじゃないといけない」と考えるのではなく、会う場所、お互いの関係性をしっかりと見極めて服装を考えましょう。

OB訪問の服装を決める3つの注意点

OB訪問の服装を決める3つの注意点

OB訪問の服装を決めるときには、大きく分けて3つの注意点があります。
そこでここでは、この3つの注意点を紹介していきます。

事前に確認をしておく

先ほども述べましたが、OB訪問時の服装は事前に確認をしておきましょう。スーツ指定なのか、私服でもいいのか。なかには私服指定の企業もあるので、しっかりと確認しておきましょう。OBは時間を割いてくれているので、できるかぎりOBから印象を悪くする服装は避けるようにしましょう。かっこいい服装、かわいい服装で会いにいくことは、OB訪問の目的とは一致しません。どのような服装がいいのかを確認し、その服装でいくようにしましょう。

派手な色を避ける

スーツか私服が決まったあとにも、服装の問題は残っています。派手な色は避けるということです。スーツであれば、基本的には黒の就活スーツがおすすめです。また私服の場合、男性は白色のシャツとチノパンなど、清潔感ある服装を選びましょう。

肌の露出を避ける

女性は派手な色を避けるとともに、肌の露出にも気をつけましょう。胸元の開いた服装や短すぎるスカートは、就活の場にはあまりふさわしいとされません。男性同様、落ち着いた清潔感のある服装を心がけましょう。

まとめ

まとめ

OB訪問の服装に明確な決まりはないため、事前に訪問先の相手にメールで尋ねておくことがおすすめです。訪問先の企業や相手によって変わるので、「スーツを着ていけば安心だろう」と考えるよりも、臨機応変に最善の服装を選ぶようにしましょう。服装によってプラスの印象を与えることは難しいかもしれませんが、マイナスの印象はすぐにもたれてしまいます。OBに気持ちよく質問に答えてもらうためにも、服装にはしっかりと気をつけましょう。

この記事に関するキーワード

  • 基礎知識