【女性服装編】これで安心!面接で女性が心がけたい身だしなみポイント

希望会社の内定をもらえるように、面接に力を入れている人は多いと思います。
けれども面接での受け応えや自己アピールばかりに気を取られて、身だしなみチェックを忘れてしまっては勿体ない限りです。
女性の就活生に役に立つ面接時の身だしなみのポイントについて、紹介していきます。

就活生らしいナチュラルメイクを心がけよう!

女性の場合、メイクの仕方ひとつで表情や雰囲気が変わってくるものです。

就活生は、明るさや素直さややる気などが求められます。

また希望する職種が接客業やサービス業の場合は、見た目の雰囲気も重要になってきます。

ノーメイクはどうしても顔色が悪く暗い雰囲気に見えてしまうので、きちんとメイクはしたほうが良いでしょう。

けれどもここで大切なポイントは、ナチュラルメイクを心がけるということです。

口紅やチークにおいては、健康的で明るく見える程度の薄めのベージュピンクなどを選びましょう。

派手すぎるカラーは、見た目の雰囲気も軽く見えてしまいがちです。

濃いメイクは控えて、知的で明るく健康的に見えるように工夫してみましょう。

また髪型も、ロングヘアの人はひとつにまとめるほうが清潔感があります。

前髪が長い人はピンで留める、横に流すなどして、目元がはっきり見えるようにすると好印象です。

茶髪は黒くカラーリングするほうが良いですね。


服のシワやパンプスの汚れもチェックして!

女性が面接を受ける場合、白いブラウスの上にスーツを着るスタイルが主流です。

ボトムスに関しては、パンツでもスカートでも良いでしょう。

服装で気を付けたい点として、まず衣服にシワや汚れがないか前日にきちんとチェックしておきたいものです。

シワがないようにアイロンをかけておきましょう。

またスカートの場合は、ストッキングに伝線が入らないように気を付けたいものです。

予備のストッキングを持参しておけば安心ですね。

特に気を付けたいのが、靴の汚れです。

靴は黒のローヒールのパンプスが良いですが、パンプスが汚れているとだらしなく見えます。

面接日の前日は、パンプスを磨くことも忘れないようにしましょう。


意外と見られている爪先

面接は椅子に座って、膝の上に両手を置いて話すことが多いです。

また何かとジェスチャーするときに手を使います。

そんな中で面接官が意外と見ているのが、爪先です。

派手な色のマニキュアを塗っている人は、面接前には落としておきましょう。

またマニキュアを塗っていなくとも、爪が汚れていたり長く伸びすぎていたりすると不潔な印象を与えてしまいます。

爪先のケアもきちんと忘れずにしておきたいものです。

手に関しては、指輪やブレスレットなども外しておくほうが良いと思います。