合同説明会で”本当に良い企業”を見抜く2つのポイント!

3月になると一斉に合同説明会が開催されます。リクナビ・マイナビなどの媒体を見ても、
多くの合同説明会の広告を目にします。他にも、学内セミナーなど多くの企業を一度に見ることができますよね。
日本には400万社の株式会社があります。その中で自分が40年以上働くかもしれない企業を選ぶのは至難の技です。
入社して後悔する前に如何に事前準備が重要なのか、微力ながら皆様にお力添え出来ればと思います。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

多くの企業がある中で自分で基準をきめて絞りましょう。
勤務地・給与・福利厚生などなんでも良いです。一つ軸を決めてまずは見てみましょう。
そうすることで消去法でだんだん自分が本当に行きたい企業が絞られるはずです。

漠然と行き当たりばったりで企業を見ていても、納得度もなく、反省して次に活かすことも難しいでしょう。
また基本的に大きな合同説明会には名のしれた企業ばかりで、
認知度のたかい企業ばかりです。有名=良い企業かはクエスチョンですが、
何か基準を作ることの重要性は変わりません。

合同説明会が始まったら計画通りに

先ほど話したように、計画建てて進めていきましょう。
事前に出展企業のブースマップなども確認できるはずなので、しっかりチャックして当日望みましょう。
お昼ごはんや休憩まで、細かく設定することで、一回あたりの合同説明会の充実度も大きく変わってくると思います。

自分の直感でもブースに立ちよる

とは言え、自分の直感も大切だと思います。このブース良いな、人事の人がかっこいいなぁ。
理由は何でも良いですが、計画的に進めつつも直感で行って良い結果になるのもなき意志にもあらずです。
是非計画性と直感のバランスをうまくやって、効率よく就職活動を進めましょう。

まとめ

就活するうえで、何よりも重要なのは、後悔しないことです。最終的に納得したうえで入社するために、
多くの企業を見ることは良いと思います。

はっきり言って、多くの企業の懐に入って話を聞けるのは就活生にしか出来ないですからね。
このチャンスを活かすも殺すもあなた次第です!!!

この記事に関するキーワード

  • 内定
  • 合同説明会
  • 就活