【女子就活服装編】女子就活生の靴選びってどうしたら良いの?

女性の就職活動の中でスーツや鞄などと同様に大事なのが、靴選びですね。
就活生から「どういう靴を選べば良いの?」「面接の時のパンプスの色はどうすれば良いの?」といった質問を良く頂きます。
今回は靴選びについてお伝えできればと思います。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

まず、就職活動、特に面接など身だしなみがしっかり見られる機会では、靴はスーツ用のパンプスを用意するのが大前提です。
説明会などでは私服の時に身につけるようなパンプスの方がたまにいらっしゃいますが、悪い意味で目立つのでやめておいたほうが良いですね。
では、就職活動用のパンプスはどのように選べば良いのでしょうか。
まず色についてですが、「黒」を選べばまず間違いありません。
スーツ、鞄、靴とすべて「黒」で統一するのが無難かつ印象が良いです。
素材は合皮のものが良いでしょう。エナメル素材などですと、派手な印象を与える可能性があります。
面接官によっては印象良く映らない場合もあります。
また、パンプスの形についてですが、つま先が丸いデザインのものが良いでしょう。先が尖ったものだときつい印象を与える可能性があります。
ただ、キリッとした印象を与えられて良いとおっしゃる方もいますので、こちらは好みもあるかもしれないですね・・。

以上の靴選びですが、スーツの専門店や、デパートの靴売り場の店員の方に「就職活動のパンプスを探しています」と言えば適切なものを用意してくれるでしょう。
もちろんデザイン面で適切なものをいくつか出してもらい、試着して歩きやすさをチェックしましょう!

【女子就活服装編その③】■ヒールの高さはどれくらいが良い?

女性の靴選びですと、ヒールの高さというのも大事ですね。
一般的に、就職活動では、「3~5㎝」が適切と言われています。
ヒールが0cmのいわゆるぺたんこパンプスというのは、ビジネスという観点から見たら適切ではありません。
逆に、ヒールが高すぎるのも、相手に違和感を与えてしまうので望ましくないでしょう。
また、就職活動の場ではピンヒールはNGです。

【女子就活服装編その④】■日々の手入れも重要

面接や説明会で毎日歩き回ると、靴の汚れや、かかとの削れなどが気になってくることもあります。
毎日同じ靴を履いていると負担が掛かりすぎるので、できれば2足を履き回すことができると良いかと思います。
また、靴磨きなどの習慣は社会人になってからも重要です。面接でも、足元から見るという面接官も多くいらっしゃいます。
表面に汚れがないかなど、毎日チェックして手入れをするように心掛けましょう。

■まとめ

ここまで、就職活動中の靴選びについてお話しさせて頂きました!
選考が本格化する前に「黒」のパンプスをできれば2足用意して臨みましょう!
就職活動では第一印象が非常に重要です。靴選びにも気を配って、良い印象を与えられるように頑張ってくださいね。

この記事に関するキーワード

  • 合同説明会
  • 豆知識