イメージ
イメージ
就活コラム
COLUMN

【就活】平服とはどんな服装?「平服でお越しください」の意味とは

イメージ

面接、選考通過後の内定式や懇親会などで「平服でお越しください」と伝えられたとき、どのように対応すればいいか解説します。

こういったとき、どのような格好をすればいいかと悩む学生は多いです。

そもそも平服と私服の違いは何なのか、どのような格好がNGなのかのアドバイスを紹介します。

目次

  1. そもそも平服とは?正装・私服などの服装との違い
  2. 企業が就活で「平服でお越しください」という意味
  3. 就活で「平服でお越しください」と言われたら?
  4. まとめ:「平服」の意味を知っていれば就活で迷わない

そもそも平服とは?正装・私服などの服装との違い

イメージ

平服=私服と勘違いしてしまいそうですが、厳密には違います。

・正装:燕尾服や白ネクタイ着用、ドレスやタキシードなどを指す。服装のなかで最もフォーマルな形式です。

・平服:礼装・礼服や正装以外の服装(略正装)。主にダークカラーのスーツやカジュアルでない襟付きの服装のこと。就活の場以外では、結婚式などに着用していくことが多いです。

・私服:普段着、くだけたような服装。オフィスカジュアルを含みます。

オフィスカジュアルも平服に含まれていると思われがちですが、平服にカジュアルは含まれません。

カジュアルすぎず、清潔感があり、襟付きの服装がベストです。

服装だけでなく、身だしなみを整えることも意識しましょう。

 

男性の平服の例

男性が平服を指定された場合、一般的にはスーツを指します。

スーツとはジャケットとスラックスが上下一組になった服装のことです。

黒・グレー・ネイビーのスーツが上品かつシンプルで、好印象を与えるのでおすすめです。

 

女性の平服の例

女性が平服を指定された場合、一般的にはスーツを指します。

女性のスーツでおすすめなのは、ジャケットとスカート・長ズボン・ワンピースのいずれかの組み合わせです。

丈が短いスカートスーツは悪い印象を与えてしまいますので注意しましょう。

また、素足・黒ストッキングはともにNGです。

企業が就活で「平服でお越しください」という意味

イメージ

企業が「平服でお越しください」と指定するのには理由があります。

企業がスーツではなく平服を指定する意図を解説します。

 

気軽に来てくださいという気持ちの現れ

内定式や入社式ほどの堅苦しい会ではないことをアピールするため、平服という言葉を使う場合があります。

「緊張せずに来てください」という意味合いで指定することが一般的です。

 

「平服でお越しください」と言われた就活生がどんな服装を選択するか見たい

「平服でお越しください」と指定し、本当に普段着やラフな服装で来てしまう内定者をあぶり出す意図を持っている場合があります。

平服とは普段着を意味する言葉ではないので注意しましょう。

採用担当者はこのような方法で、就活生が服装マナーやドレスコードを理解しているかを測ろうとしているのです。

就活で「平服でお越しください」と言われたら?

イメージ

平服を指定されるのは面接、選考通過後の内定式や懇親会などが一般的です。

しかし、就活中にも平服を指定されることがあります。

この場合、就活中の業界によって「平服」の意味する服装は異なります。

基本的にはスーツを着ていけば問題ありません。

ただし、アパレル業界などのファッションセンスが必要な職種では、流行を押さえたコーディネートが提案できる人やブランドイメージに合致した人を求めています。

リクルートスーツでは高い評価が得られず、個性がないと判断されてしまうので注意が必要です。

まとめ:「平服」の意味を知っていれば就活で迷わない

イメージ

平服とは「あらたまった場に出ても恥ずかしくない服」のことです。

面接の通知が企業から届き、「平服でお越しください」と指定があったときは、男女ともにフォーマルなリクルートスーツがおすすめです。

言葉の意味を知って、戸惑うことのないようにしましょう。

TOP