大丈夫!?エントリーシートの誤字脱字について

18卒の方々もそろそろ試験を終え、就活モードに入り始めているかと思います。
そんな皆さんの壁になるのが、「エントリーシート(ES)」の存在です。
毎年就活が悩まされるエントリーシートですが、皆さんが疑問に思うことに関して
答えていきたいと思います。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

上記で何度も誤字脱字をしないための工夫をお話ししてきましたが、
それでも現実問題、時間がない中でエントリーシートを提出しなければならない場面も出て来ると思います。

そこでエントリーシートで誤字脱字に気づいてしまったときの対処方法を伝えられればと思います。
※もちろん一番は書き直すことです!!

学生時代などでは、修正液や修正テープを用いて修正を試みていたと思います。
しかし、就活の場面で修正液や修正テープはご法度です。
理由は単純で、本人が行ったか明確でなく、第三者によって修正された可能性があるからです。
実際に修正する場合は、修正をしたい部分に二重線を引きます。そして、その上に訂正印を押すという方法があります。
これは、実際社会人になってからも使う機会がある可能性があるので、覚えておくといいと思います。

以上、エントリーシートの誤字脱字について

以上、エントリーシートの誤字脱字について皆さんが疑問に思うであろうことについてお話ししてきましたが、
いかに誤字脱字をなくす準備をするかが一番重要です。

ミスが発生した後の対処ではなく、ミスが発生させない動きを取っていくこと重きを置きましょう。

また、エントリーシートの出す期間が設けられていますが、早めに出すことをおすすめします。
やはり、学生もレポート提出などの課題がある際は、ギリギリに出す方が圧倒的に多いです。

しかし、面接官は提出期間が終わってから読み始めるのではなく、
随時提出期間内に出されたエントリーシートは読みます。
面接官もエントリーシートを読むことだけが仕事な訳ではないので、
早めに出したほうが周りの方が出していない分、しっかりと内容を読んでくれます。

早い段階で誤字脱字をなくし提出することで、エントリーシートを突破しましょう!
就活生のみなさん!応援しております!!

この記事に関するキーワード

  • マナー
  • 合同説明会