面接後のメールでお礼を伝えて最後のひと押しをしよう!

就活中に採用担当者へ送る、お礼のメール。

「何を書いたらいいかわからない」「そもそも、お礼のメールって必要なの?」と、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、当記事では面接後のメールでのお礼について解説していきます。マナーを学べば、あなたも自信をもってメールを送れるようになるはずです。

メールを送る際の基本的なポイントから例文まで幅広く解説していますので、ぜひ参考にしてください。

登録無しで1分で予約可能
内定直結型イベント参加申込み

目次

面接のお礼メールは必須?

面接のお礼メールは必須?

面接のお礼メールは、送る人と送らない人がおり、必ずしも送らなければいけないというルールなどが存在するわけではありません。

しかし、普段の生活でもお礼を丁寧にできる人は良い印象を持たれますよね。特に、担当した面接官や人事担当者が「お礼メールを送ったほうが良い」という認識を持っている人だった場合、送らないとマイナスのイメージを持たれてしまう可能性もあります。

良い印象を持ってもらうためにも、面接のお礼メールは、基本的に送るようにしましょう。

面接のお礼メールを送るタイミング

面接を複数回行う企業もある中で、一次面接や二次面接・最終選考のうち、どのタイミングでメールを送ればいいのでしょうか。

結論から言えば、どのタイミングでも問題ありません。志望度の高い企業や何か言いそびれてしまいメールで伝えたいことがある時、内定をもらえる可能性が高いのであと一押ししておきたい時など、あなたがメールをしたいと思ったタイミングで送れば問題ありません。

もっとアピールやお礼を伝えたいと感じた時にメールを送るようにしましょう。

お礼メールはビジネスマナーを意識しよう

お礼メールはビジネスマナーを意識しよう

お礼メールは企業にあてるものですから、メールを書く際は必ずビジネスマナーを意識しましょう。

マナーを押さえた正しいメールを送ればさらに良い印象を持ってもらうことも期待できます。

また、ここでメールのビジネスマナーを押さえておけば、社会人になってからもずっと困ることはありません。丁寧に作成していきましょう。

メールの宛先は採用担当者に

お礼メールの宛先は、企業の採用担当者に設定しましょう。

基本的には、面接の日程の調整や面接前の事前連絡をやりとりしているアドレスが採用担当者のものだと考えてよいでしょう。

これまでメールでのやり取りがなくアドレスが分からない場合は、企業の採用ページなどを確認してみるとよいでしょう。

件名はシンプルで明瞭なものを心がける

多くンプルで明瞭なものを心がけるの学生とやり取りをする採用担当者は、当然一日に多くのメールを受信しています。

そのため、件名がだらだらと長くなっていたり、逆に何のメールか分からないほど情報が少なかったりすると、せっかく書いたメールが見落とされてしまう可能性も考えられます。

「面接のお礼/山田太郎」「本日はありがとうございました・山田太郎」など、シンプルで明瞭なものを心がけましょう。

宛名の正しい書き方

メールの冒頭には、まず宛名を書くことがルールで、宛名とは「相手の企業名」「部署名」「名前」の3要素で構成されることが一般的です。

相手の情報に関して内容や表記に間違いがあると非常に失礼に当たりますので、必ず誤字脱字のチェックを行いましょう。

もし相手の名前が分からない場合は、「新卒採用担当者様」という記載で送るのがよいでしょう。

本文は読みやすさを意識

せっかく送ったメールも、読みづらい文面では言いたいことを伝えられない危険性があります。

第一に、受け取る相手が読みやすいよう意識することが大切です。過度に改行をしたり、内容を盛り込みすぎてしまったりしないよう注意しましょう。

言いたいことが多くなってしまう人もいるかもしれませんが、要点を絞り、起承転結を意識して文章を作成しましょう。

メールの署名を忘れずに書く

メールのやりとりで、名刺のような役割を持つのが署名です。

これは社会人にとって基本的なマナーになっており、ビジネスメールでは、メールの最後に必ずと言っていいほど署名が入っています。大学名や学部・氏名・住所など記載する内容が多くありますので、テンプレートを事前に作成しておきましょう。

社会人への仲間入りを志望する一人として、就活生もぜひ署名を入れることをおすすめします。

結びの文を添える

ビジネスメールでは、最後に結びの文を添えることが一般的です。

結びの文には、メールの内容を締めくくるとともに、最後の挨拶をするという役割があります。

面接のお礼メールの場合は、「今後ともよろしくお願いいたします」「貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます」など、前向きで丁寧な言葉が良いでしょう。

面接のお礼メールで大切なこと

面接のお礼メールで大切なこと

ビジネスマナーを押さえたところで、次はお礼メールの内容を見ていきましょう。お礼メールには、内容や送り方に関しても気をつけるべきポイントがいくつかあります。あなたの気持ちが相手に正しく伝わり、良い印象を持ってもらうために注意すべきポイントを紹介します。

返信不要と記載する

お礼メールはあなたの気持ちを企業に伝えるために送るものですが、企業側の負担になってはいけません。

忙しい担当者を気遣い、「この内容を伝えたいだけなので、返信は要りません」という旨を伝えるようにしましょう。

メールの最後の方に、「ご多忙と存じますので、ご返信には及びません。」といった文章を入れると良いでしょう。

面接で質問した内容について触れる

面接であなたが質問をし、面接官に回答してもらった内容についてメールで触れるようにしましょう。

なぜなら、「お話していただいたことを理解している」という意思表示と、「それを聞いて志望度がより高くなった」という表明の2点を同時に伝えることができるからです。

回答してもらった内容を無駄にせず、前向きな姿勢であることをアピールしましょう。

送る時間帯にも注意

メールを送る時間帯にも注意が必要です。

例えば、深夜などにメールが来たらどんな気持ちになるでしょうか。常識がない、生活が不規則だなどといった印象を与えてしまう可能性があります。

メールを送る際はその企業の稼働時間を確認し、相手が働いている時間にメールが届くようにしましょう。

お礼メールの例文を紹介!

それでは、実際にお礼メールを書いてみましょう。

上記で解説した「ビジネスマナー」と「押さえるべきポイント」に気を付けながら、メールを送る目的別に例文を4パターン紹介していきます。

このメールと一言一句同じにする必要はありませんので、例文の中の氏名や企業名などを自分の情報に置き換えて、自分のオリジナリティを付け加え、参考にしてみてください。

 

【例文①】面接のお礼

 

〇〇株式会社

人事部 田中様

 

‌お世話になっております。

5月1日に面接をしていただきました

‌A大学の山田太郎と申します。

この度はお忙しい中、貴重な面接の機会をいただきまして

‌誠にありがとうございました。

 

‌貴社への理解を深めることができ、

有意義な時間を過ごすことができたとともに、

貴社への志望度がより高くなりました。

 

ご多忙と存じますので、ご返信には及びません。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

—————————————

A大学 法学部 法律学科

山田太郎/やまだたろう

‌(郵便番号・住所)

(メールアドレス)

(携帯の電話番号)

—————————————

 

【例文②】転職面接のお礼の場合

 

株式会社○○

人事部 田中様

 

お世話になっております。

本日、面接のお時間を頂きました、

株式会社△△の山田太郎と申します。

本日はお忙しい中、面接の機会を頂きまして

誠にありがとうございました。

 

田中様のお話を伺う中で、

貴社のサービスを通して社会に貢献したいという熱意や

社員の活躍を促進する制度を理解することができ、

貴社への志望度が高くなりました。

 

取り急ぎお礼を申し上げたく、メールをさせて頂きましたが

御多忙のことと存じますので、ご返信には及びません。

貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。

 

—————————————

株式会社○○

山田太郎/Taro Yamada

‌(郵便番号/住所)

(メールアドレス)

(携帯の電話番号)

—————————————

 

【例文③】内定を貰った場合

 

株式会社○○

人事部 田中様

 

お世話になっております。

A大学の山田太郎でございます。

 

この度は、内定のご通知をいただき、

誠にありがとうございます。

貴社への入社を熱望していたため、非常に誇らしく感じ、

早速お世話になった人へ報告の連絡をいたしました。

 

貴社へ入社するまでの間、

悔いのない学生生活を過ごすとともに、

立派な社員となれるよう自己研鑽に励みたいと思います。

 

取り急ぎお礼をさせていただきたく、ご連絡させていただきました。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

—————————————

A大学 法学部 法律学科

山田太郎/やまだたろう

‌(郵便番号/住所)

(メールアドレス)

(携帯の電話番号)

—————————————

 

【例文④】緊張して上手く伝えられなかった場合

 

株式会社○○

人事部 田中様

 

お世話になっております。

6月1日に面接をしていただきました

‌A大学の山田太郎と申します。

この度はご多忙の中、面接のお時間をいただきまして

‌誠にありがとうございました。

 

面接では貴重なお時間を頂いたにも関わらず、

緊張をしてしまったあまりに

ご質問いただいた内容にしっかりお答えできなかったことを

心から申し訳なく思っております。

 

この度の面接で良い結果をいただけた際には、

貴社へ貢献できるよう惜しみない努力をしていく所存です。

 

重ねて、この度は誠にありがとうございました。

ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。

貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。

—————————————

A大学 法学部 法律学科

山田太郎/やまだたろう

‌(郵便番号/住所)

(メールアドレス)

(携帯の電話番号)

—————————————

お礼メールの返信にさらに返信は必要?

お礼メールの返信にさらに返信は必要?

さて、お礼メールのビジネスマナーやポイントは押さえられたでしょうか。

先ほど、お礼メールを送る際には「返信不要」の旨を記載するとご紹介しましたが、それでも返信をしてくれる担当者の方もいます。

返信をもらった際に、そのメールには返信をしたほうが良いのか、また、どのような内容なら良いのかを解説します。

 

マナーとして一言返信はすべき

お礼メールの返信に対しては、マナーとして返信をすることをおすすめします。

相手からのメールを放置するより、自分から送ったメールでやりとりを終える方が良い印象を与えることができます。

ビジネスのルールとして、メールは24時間以内に返信をすることが好ましいとされていますので、確認したらすぐに返信をするようにしましょう。

返信の返信に使える例文

 

株式会社○○

人事部 田中様

 

お世話になっております。

‌A大学の山田太郎です。

 

大変お忙しい中、ご丁寧にお返事をいただきありがとうございました。

それでは、選考の結果を心待ちにしております。

 

今後とも何卒よろしくお願い致します。

—————————————

A大学 法学部 法律学科

山田太郎/やまだたろう

‌(郵便番号/住所)

(メールアドレス)

(携帯の電話番号)

—————————————

 

まとめ

まとめ

就活でのお礼メールのポイントを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初めは不安だった人も、自信をもってお礼メールを送れる状態になったのではないでしょうか。

就活でのお礼メールは必須ではありませんが、相手に良い印象を持ってもらいコミュニケーションを円滑にするために非常に大切なものです。対応をしてもらったことに対する感謝の気持ちを、ぜひメールにして送ってみてください。

この記事に関するキーワード

  • 冷静さ
  • 自己PR