【面接対策編】面接の際の自己紹介は例文を参考に考えよう!

面接で自己紹介を求められることが多々ありますが、どのように答えれば良いのか考えるでしょう。
私はいかに分かりやすいように、自分自身をアピール出来るか考えて自己紹介をしていました。
自己紹介用の例文もあるので、悩んだ時には活用をしてください。
私も例文を見て、どうアピールしようか考えて自己流にアレンジをしていました。

■簡潔に答えられるようにしよう!

会社の規模にもよりますが、自分以外にも一緒に面接を受ける人は多いです。

少ない時間の中で、たくさんの学生を相手にするので1人あたりに割くことが出来る時間は僅かです。

その中で、だらだらと自己紹介をしていると迷惑もかけてしまいます。

「1分ぐらいで」や「1分半ぐらいで」などと求められることが多いので、簡潔に答えられるように準備をしていくとよいでしょう。

得意なことはと例文もインターネット上などで掲載されているので、参考にして自分ならどう答えるのか考えると良いです。

全く同じにならないよう、オリジナルに作り変えることで印象も残りやすいでしょう。


■1つのアピール点を答えられるようにしておくと良い!

自己紹介というと、自身をアピールしなくてはいけないと一生懸命になってしまうかもしれません。

私も自己紹介が出来るように文章作成をした経験がありますが、
当初アピールしたい点を盛り込みすぎて、だらだらとした文章が出来上がってしまいました。

しかし実際面接ではほとんど時間を取ってもらえませんので、1つのことを簡潔に答えられるようにすると良いでしょう。

実際例文も見ていると、広く浅く取り上げるのではなくて、1つのことをきちんとアピールできるように作成されています。

例えるのなら「集中力があるので、仕事を任せていただければ最後までやり遂げます」などと簡潔に答えられるようにしておきましょう。


■アピールしたいことを例文を見て考えよう!

自己紹介で何を話そうか考えるときには、まず自身の得意なことを考えると良いでしょう。

私の場合は、パソコンが得意という点をアピールしようと思ったのですが、
パソコンが得意な点をどのように伝えるのか例文も見て参考にしました。

「表計算など事務作業能力が高いです」
「アプリ作成やプログラム作成などにも興味があり、実践しています」
などとアピールすることも出来ます。

「学生時代に授業でもパソコンに取り組んだ」
「アルバイトでもパソコンを使っていた」
などと、自己紹介に盛り込むと効果的でしょう。

ただパソコンが得意ですと一言だけではなく、簡潔かつアピールできるように例文も参考に自己紹介で話すことを考えてください。