【面接質問対策編】面接でよく聞かれる質問10パターン

3月から本格的にスタートした就職活動から3ヶ月が経ち、大手を含むほとんどの企業が選考を開始、内定出しをしている時期ですが
最近面接でうまくいかず悩まれている方も多いのではないでしょうか。
今回はよくある質問とそれに対する答え方を紹介させていただきます。

【面接質問対策編】質問1:「自己PRをお願いします。」

一番重要な質問内容になります。
ご自身の強みや特徴を1つ又は2つ挙げ、それを証明するためのエピソードを添えて1分程の内容でまとめましょう。
企業によって多少内容を変えても良いですが、エピソードはなるべく最近のものが
あると良いです。

【面接質問対策編】質問2:「志望動機を教えてください。」

こちらに関しては何に共感したのかをしっかりと述べましょう。
経営理念、ビジョン、社風、仕事環境などが主に挙げられますが、
他社に無い部分をピックアップでき、ご自身の価値観とどう合っているかをしっかりと答えられるようにしましょう。

【面接質問対策編】質問3:「長所と短所を教えてください。」

長所は自己PRと重なる部分になりますのでできるだけエピソードや経験を入れて簡潔に応えましょう。
短所はご自身で改善しなければいけない点を述べ、これからどう改善していきたいかも答えられると良いです。

【面接質問対策編】質問4:「会社選びの軸を教えてください。」

軸は2,3個あるとベストです。
またその内容はその会社の求める人物像にできるだけマッチしている内容であれば、親近感をわかせることができます。

(例) 求める人物像:若いうちからとにかくチャレンジしたい方
   軸:年功序列ではなく実力主義の環境

【面接質問対策編】質問5:「他に受けてる企業はありますか?」

こちらも企業名までは言う必要はないですが、
面接中の企業と規模、業界、職種などすべてがバラバラな企業をたくさん受けている事が分かってしまうと、
何も軸がなくなんとなく面接を受けていると思われます。
何故受けているかなども答えられるようにしましょう。

【面接質問対策編】質問6:「挫折経験は?」

一番良いのは挫折経験のみを答えるのはでなく、挫折からどう這い上がったか、どんな努力をしたかまで応えましょう。 
質問の意図としては社会人になっても、挫折を味わう事は少なくないので、そこで耐えられる人間かどうかをジャッジするためです。

【面接質問対策編】質問7:「尊敬する人は?それはなぜ?」

こちらも誰をピックアップするかは自由ですが、できるだけ高い目標に対し努力で夢を叶えた人物をピックアップするのが良いです。
尊敬する人から皆さんがどういう人を目指しているかを見ています。

【面接質問対策編】質問8:「最近のニュースで気になった出来事はなんですか。」

世の中の動きやニュースに関心をしっかり持っているか問われる内容になります。
できるだけニュースを見るようにし、そこに対するご自身の意見を述べられるようにしましょう。

【面接質問対策編】質問9:「5年後10年後の姿を教えてください。」

面接を受けている会社での自分のキャリアを想像し、できるだけ高い目標を立てましょう。
 (例)
・5年後=営業でトップの成績を出し、若手マネージャーとして部下数名をまとめられる人間になる。
・10年後=部長として〇〇名の部下を統括し、予算を毎年完全達成できるようになる。

また5年後10年後の姿になるために入社後何を意識して行動しなければいけないかなども答えられると良いです。

▼まとめ

企業によって面接で聞かれる質問は様々です。
全ての質問に対して準備することは難しいと思いますが、最低限①自己PR②志望動機をそれぞれ1分程度で答えられるように準備しておきましょう。
忘れてはいけないのがただ質問に対しうまく答えられたかではなく、
受ける企業様としっかり向き合い、笑顔や明るさなどの第一印象を良くし、
熱意や成長意欲などの気持ちを面接中にしっかりと伝える事が大事です。